28
2011

要る?要らない?判断基準。&クレマチス。

CATEGORY収納・掃除
雨続きのお天気ですね。

昨日、雨の合い間に撮った写真です。



IMG_6422-1.jpg

クレマチス「プリンセス ダイアナ」

玄関横のフェンスで次々に花を咲かせています。





IMG_6424-1.jpg

文句なしに可愛いわ~♡





IMG_6423-1.jpg

「ベティ―コーニング」

クレマチスには珍しく、とってもいい香りのする品種。

甘い香りを漂わせながら

ひらひらと涼しげな花がたくさん咲いています。











昨日の続きというわけではありませんが

ここからはモノを処分する判断基準について書きたいと思います。



処分するかどうかの判断・・・

単純に考えると、要るか?要らないか?なんですが

この判断がホントに難しい。。。^^;



破損しているモノや汚れが目立つモノなどを

要らないと判断するのは簡単。

厄介なのは使ってはいないけど、まだきれいで使えるモノ。

「使えるのにもったいない」とか

「今は使ってないけど、いつか必要になるかも」

なんて思い始めたら捨てられないんですよね。



そんな厄介なモノの私なりの判断基準は

そのモノを持っていることが

プラスに働いているか?マイナスに働いているか?です。



例えば

昔、買った高額な服・・・

「すごく高かったのでもったいなくて捨てられない。

最近、着てはいないけどとりあえずとっておこう」

なんて思ったりしますよね。^^;

でも、その服を入れているクローゼットはギュウギュウ詰め。

今、頻繁に着ている服が出し入れしにくくなっているとすれば

それはマイナスに働いています。

着てもいない服のせいで

せっかくのクローゼットが機能的に使えていないことの方が

よっぽどもったいないと考えて処分決定です。



「いつか必要になるかも。。。」と思うモノも多いですよね~

基本的に家に有るモノは頂き物以外

過去に必要だったから買ったモノなので

また、いつか使う時があるかもと思うのは当たり前だと思いますが

こちらも上の「もったいないモノ」同様に

収納スペース的に邪魔と感じていたり

ホコリをかぶったモノを持ち続けていることが

心の負担になっているようだったら

マイナスに働くモノなので処分します。



あと、なかなか捨てられないのが思い出の品。

それを見ると楽しかった素敵な思い出がよみがえってくるような

プラスに働くモノは持ち続けますが

マイナスの思い出に結びつくモノや

捨てるに捨てられず

なんとなく持っているようなモノは思い切って捨てます。



頂いたモノなんかも処分をためらいますが

これは単純に必要かどうかで判断します。

趣味ではないモノや

我が家では使うシーンがないようなモノは

リサイクルに持っていきます。

頂いた方への感謝の気持ちは忘れませんが。。。



こんな風に処分していくと

結局、家に残るモノは

必要かつ笑顔で付き合えるモノだけになります。

シンプルな暮らしバンザ~イ。^^



ブログランキングに参加しています。

今日も、このブログに1票!お願いします(*・人・*)
      
o(*^▽^*)o~♪ありがとうございます!!

よかったらこちらもお願いします。



上のバナーをクリックしてもらうと
このブログに10ポイント入ります。
皆さんの応援が、更新の励みになっていますので、
お手数ですがここをポチっとクリック
よろしくお願いします。(一日一回有効です)

いつもありがとうございます。